冷ややかな嫁の視線も何するものぞ!趣味に爆走するお父さんの奮戦記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ヤフオクで落札したSUNRISEがようやく届きました。
10.2 003
あれっ?マグから出てるコードが長い?そう!SUNRISE S1です。
今は、S2しか売ってなくて私のNICO-PINに繋ぐには延長コードを作るかエンドピンBOXを交換してケーブルでマグの近くまで持ってくるかしかなかったのですがS1だったらそのままで使用可能です。

先日、オークションでピックアップを見ていたらナントS1が出てるじゃないですか!
これは、ギターの神様のお導きとばかりに後先考えずに落札してしまいました。<(T◇T)>わぁああああ!
結果、ZOOM ハンディ・レコーダー H4の購入資金に手をつけてしまいH4購入は先送りと相成りました。

箱から取り出したときの第一印象は、お・お重い! NEO-Dの倍はありそうでした。
ともあれ憧れのSUNRISE 早速、HD-28Vへ取り付けてみました。
10.2 00610.2 008
左側の写真がNEO-D(HB) で右がSUNRISE S1です。

ラインに繋いで、サウンドチェックしてみました。
さすがSUNRISE、低音の厚みや輪郭がはっきりしたサウンドで弾いてて ちょ~気持ちいい!
。・゚・(ノД`)・゚・。ク~ 涙がちょちょぎれます。
NEO-D(HB)ブラックナーガ仕様もよかったのですがSUNRISEの方が値段が高い分勝ちってとこでしょうか。
でも、やはりコストパフォーマンスの高いのはNEO-Dでしょう。

しかし、SUNRISEは重量がある為にラインに繋いでないとNEO-Dのときより箱鳴りが少なくなったように感じました。
実際、コンタクトのボリュームを上げてもハウリングしませんでしたが同じ設定でNEO-DをつけたD-35はものすごいハウリングに襲われました。
トップの振動がかなりピックアップで抑えられてるのが分かります。
生音でもラインでもいけるNEO-Dを取るか、生音を少々犠牲にしてもラインの音のSUNRISEか難しいとこです。
( ̄ヘ ̄;)ウーン
これは、好みが分かれるところでしょうね!

でもこうなってくると、D-35にもSUNRISEを付けたくなるのが人情でしょう。
しかし先立つものが・・・・・・( ̄□ ̄|||)がーーん!








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://umezoh.blog116.fc2.com/tb.php/26-9022951e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。